沿革

History of APU

沿革

History of APU

APUはシンガポールAPU GLOBAL PTELTDのASIAPASS投資で2012年に始まった金融、流通、文化、著作権、不動産分野の多国籍プロジェクトです。ASIAPSSは、APUの設立メンバーの一人であるDAVID.J.KIMが2010年に設立した金融ソリューション開発フィンテックスタートアップであり、APUの出発点となるグローバルプロジェクトです。 2012年、ASIAPASSは韓国のハナSKカード及び日本の三井住友カードと提携し、「SMCC Korea Travelプリペイドカード」を発売しました。

当時アジア最高の人気スターだったチャン·グンソクを広報モデルとして契約したこのカードは、日本の観光客が日本のクレジットカードのように韓国で決済できるプリペイドカードで、VISA·MASTERなど既存のブランドカード会社を利用せずに独自の金融システムを連携させた画期的なビジネスモデルでした。

ASIAPASSプロジェクトのように、香港、日本、シンガポール、韓国の豊富な資本と優秀な人的資源でアジア太平洋地域で競争力のあるビジネスモデルを開発し、事業を展開するのがAPUの設立目標でした。 APUの創業ミッション、ビジョン、そして価値は数多くのプロジェクトを通じて具現されてきており、現在までもAPUプロジェクトの確固たる求心点になっています。

創業ミッション

機会、実現、および接続の拡張。

The opportunity, realization, and expansion of connectivity.

創業ビジョン

持続可能なプロジェクト価値を目指し、グローバルTITANへと成長します。

We aim for sustainable project value and grow into Global TITAN.

創業バリュー

1. 人類への貢献
すべてのAPU活動の究極の目標は、人類の幸福に貢献することです。

2. 従業員の福祉向上
同種業界最高水準の待遇と業務環境を造成し、すべての従業員が会社に自負心を感じることができるよう努力します。

3. 株主権利の最大化
継続的な革新を通じて効率的な経営で企業価値を最大化し、その結果を株主と共有します。

4. 顧客志向の経営
顧客を心から尊重し、保護する価値が持続的な成長動力だと信じています。

5. 同伴成長志向
相互尊重に基づき、取引当事者を戦略的パートナーとして認識し、共同の利益と発展を追求します。

過去10年余りの挑戦
今後100年成長のための革新

創業メンバー

Seung J. Hyun

Co-Founder / Chairman
グローバル投資専門家

David J. Kim

Co-Founder / CEO
グローバルプロジェクト専門家

Richard R.

Co-Founder / CSO
戦略責任者

Sang G. Choi

Co-Founder / CCO
対外協力責任者

Gyeongjae Lee

Mentor
元放送通信委員長 / 元国会議員

Sangdae Han

Mentor
元検事総長

Jaesik Chang

Mentor
元産業資源部長官 / 元国会議員

Seongi Kim

Mentor
元保健部長官 / 梨花女子大学校教授

Jiang Wanjun

Mentor
中国北京大学教授 / 経済学博士

関連リンク

CEOメッセージ

会社概要

経営理念

プロジェクト情報

サステナビリティ

採用情報