サステナビリティ

Sustainability

サステナビリティ

Sustainability

環境、社会、コーポレートガバナンスは、ビジネスに影響を与える非財務的な要因です。 企業の持続可能な経営に対する認識が世界的に拡大し、経営戦略の新しいパラダイムとしてESGの重要性がさらに高まっています。 ESGは持続可能経営の核心指標であり、企業の未来生存可能性を決定する重要な指標になるでしょう。

APUはプロジェクト活動を通じて直接·間接的に発生する否定的な環境的、社会的影響を最小化するために努力しています。 また、全社的な統合リスク管理体系を構築し、伝統的な財務リスクはもちろん、非財務的リスクに対する統制も強化しています。

このため、様々な事業分野の利害関係者と正しい関係を形成し、より大きな価値を提供するために、急速に変化する事業環境およびESGベースの規制動向を反映して、持続可能なプロジェクト戦略を樹立し、実践します。

メンバー人権中心の組織文化

APUは急速に変化するプロジェクト環境に歩調を合わせ、優秀な人材の誘致、革新人材の開発、構成員の多様性の追求に力量を集中しています。 さらに、人権経営システムと勤労文化を改善し、健康な組織文化を構築するために努力しています。 人事管理過程全般で役職員の多様性を尊重し、国際労働機構(ILO)が勧告し韓国政府が批准した労働基準を遵守しています。 性別、年齢、人種、障害、宗教、政治的性向、出身地によるいかなる差別も禁止しています。 また、プロジェクト開発およびパブリッシングに関連するすべての意思決定プロセスにおいて、人権の側面を考慮します。 当社の人権政策はAPUが影響力を行使できるすべての利害関係者に適用され、当社を含むすべての系列会社はこの政策を遵守します。

持続可能な価値の拡大

APUはプロジェクトパートナーやメンバーなどの要求事項とESGベースの規制を反映し、持続可能性の価値を拡張しています。 特に、流通事業領域では環境にやさしい製品、環境にやさしい包装材および環境にやさしい物流など環境にやさしい需要を考慮して改善点を探し、プロジェクトパートナーとの協力を通じて実質的な改善を推進しています。

透明な支配構造

APUは毎年、プロジェクト白書を通じてプロジェクトの成果だけでなく、経営陣および取締役会の責任経営活動を詳細に公開しており、支配構造先進化のためのAPUの実践と成果を透明に疎通しています。

パートナー同伴成長

APUはプロジェクトを通じて価値を創出するために協力する多様な構成員をAPUの「パートナー」と通称し、彼らがAPUプロジェクトで相互作用し肯定的な価値を創出できるよう積極的に支援しています。

責任経営の実践

APUは多様なプロジェクトを通じて人類福祉に貢献することを願い、プロジェクト展開によって発生しうる社会的·倫理的問題に対して責任ある姿勢で対応しようと努力します

炭素排出量の削減

APUは2030年までにすべてのプロジェクトと連結された炭素排出量を2020年対比40%以下にするという戦略を樹立しました。 そのために電力使用量の低減など実質的な努力を全社的に推進していま

関連リンク

CEOメッセージ

会社概要

経営理念

プロジェクト情報

沿革

採用情報